不用品と粗大ゴミの処分

fuyou

「不用品や粗大ごみって、どうやって処分をしたら良いのだろう?」と迷われる方もいると思います。

大きな粗大ごみとなると、処分方法に困る方も多いのではないでしょうか。

では、不要品と粗大ごみの処分について、ご紹介しましょう。

まず、一般家庭から出るごみについては、行政の回収を利用することが可能。

しかし、店舗や事務所、個人事業主などから出るごみに関しては、事業系ごみという扱いとなりますので、ごみの種類によっても対応が変わってくることになります。

ごみの処分も法律に従って、正しい処理を行うことが大切。事業系一般廃棄物の場合には、事業者自らが、廃棄物を持ち込む方法があります。

この方法は、各市区町村が指定している処理施設に自分で持ち込むことになります。

「費用はかかるの?」と思っている方もいると思いますが、市区町村によって処理手数料が定められていますから、その料金を支払うことが必要となります。

行政指定業者や民間の許可業者へ依頼する場合には、しっかりと許可を得ている業者に依頼することが大切。

許可を受けていない業者と契約した場合には、廃棄物処理法違反となってしまうこともありますから、注意が必要ですよ。

このように、不要品や粗大ごみなどがある場合には、正しい処分方法で処理をしなくてはいけません。

「たかがごみだろう」と思っている方もいると思いますが、ごみの処分に関しても法律で定められていることになりますから、正しい処理をしましょう。